高円寺の美容室卸ブログです☆<美容卸>
美容室卸品に興味がある美容室あつまれ~<カラー・パーマ・ストレート・シャンプー・トリートメント・前処理剤・店販品・美容雑貨・育毛剤・美容器材・内装・看板・デザイン>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

化粧品の革命

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

化粧品大手各社は、それぞれの皮膚研究に基づいた独自の新技術による基礎化粧品を今秋に相次いで投入する。資生堂は肌の凹凸による影を目立たせない技術、カネボウ化粧品はタンパク質の一種による保湿効果を追求、コーセーはアミノ酸をカプセル化して肌の深部に浸透させる技術を組み入れた。

 基礎化粧品市場は年間1兆1000億円といわれ、近年は団塊ジュニア世代や40代以上を中心に需要拡大が見込まれている。化粧品各社は新技術を組み込んだ新商品の投入により差別化を図る考えだ。

 資生堂は、9月に発売する「ベネフィーク リニュー」に肌のデコボコによる影を目立たなくさせる「シャドーカット処方技術」を採用した。肌の内部に透過して肌の内側から明るくみせる「肌内光」に着目し、素肌の透明感を向上させる仕組み。

 50~60代を対象にしたモニターテストの結果、肌の凹凸が目立たなくなり、平均で4・9歳若返ったと実感するデータが得られたという。

 カネボウ化粧品は、肌表面の角質層下に存在し、細胞と細胞をつなぐタンパク質「タイトジャンクション(TJ)」に注目した。TJは腸や腎臓にあることは知られていたが、最近、皮膚にもあることがわかった。皮膚にあるTJは適度な水分を保つ効果があり、同社は世界で初めてTJの生成と制御の手法を開発し、これを9月に発売する「DEWスペリア」に応用した。

 昨年1月に花王グループに入って以来、初の大型ブランドとなり「花王・カネボウ連合で(業界最大手の)資生堂に挑む」(知識賢治社長)ことを明確に示す戦略商品に育成する。

 コーセーは、コラーゲン補給のため、アミノ酸をカプセルにして肌の深部まで送る「ライブクリエーション」技術を「エスプリーク プレシャス」に採用。このブランドは昨年12月に設定したもので、口紅やアイシャドーなどのポイントメーク中心。今回、同技術による基礎化粧品も商品群に加え、抜本的なてこ入れを図る。

 日本の消費者は商品に対する目が肥えているとされる中、汎用的な成分を活用しただけでは商品の差別化になり得ない。肌研究で先行する大手各社は独自技術を前面に打ち出し、拡大する市場を取り込もうとしている。

これからどんどんいい化粧品が出てくるのね~
楽しみだわw
スポンサーサイト
【2007/08/16 10:13】 | 未分類 | トラックバック(3) | コメント(0)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

てとあかきと

Author:てとあかきと
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。